PORTER(ポーター)のメンズ財布の特徴・評判は?おすすめ5選&口コミ

日本が誇る革製品の老舗ブランド吉田鞄が手掛けるブランド。リーズナブルなアイテムから本格的なレザー財布まで展開。

日本
創業年1962年
公式サイトyoshidakaban.com
おすすめ年代:財布の価格帯:
シーン:
カジュアル
フォーマル

シンプルなデザインが有名なPORTER(ポーター)のメンズ財布。

日本を代表する革製品メーカー・ブランドとして、その安価で丈夫な商品が男性の間で人気を誇っています

このページでは、PORTER(ポーター)の財布についてデザインや革の種類、人気のシリーズ、口コミをまとめました

PORTER(ポーター)の財布概要

PORTER 表参道

出典:https://www.google.co.jp/maps/…

名称PORTER 表参道
住所〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-6-8
電話番号03-5464-1766
公式サイトhttps://www.yoshidakaban.com/
直営店一覧https://www.yoshidakaban.com/shopinfo/

財布の種類を紹介する前に、まずはPORTER(ポーター)がどういうブランドなのか、その歴史や魅力を見ていきましょう。

ブランドイメージは?

PORTER(ポーター)は、1962年に「吉田カバン」の自社ブランドとして誕生しました。

吉田カバンは80年以上の歴史を、PORTER(ポーター)は半世紀以上の歴史を持っており、国内ブランドの中でも誰もが知るブランドの一つです。

PORTER(ポーター)の魅力の一つとして、カジュアルなものから高級感あふれるものまでを展開するデザインの幅広さが挙げられます。

そのため、PORTER(ポーター)の財布は、学生をはじめとする10代、20代から50代まで幅広い年代に人気です。

ブランド製品としては安価ですが、丈夫な作りのため、革財布の登竜門としても最適です。

メイドインジャパンへのこだわり
近年、経費削減のために中国などで海外生産を行っているブランドが増えてきている中で、PORTER(ポーター)日本で生産することにこだわっています

また、日本で生産した商品は高額なことが多いのですが、PORTER(ポーター)では比較的安価で提供しています。

素材の種類が豊富

PORTER(ポーター)の財布は、素材展開が豊富です。

使われる素材によって価格が変わるので、学生にも、社会人にも、シニア層にも人気であると言えます。

予算にあった素材選びができるのがPORTER(ポーター)の人気の秘密です。

ここでは、特に使われている素材を紹介します。

  • 牛革・・・分厚く耐久性があり、革と言えば牛革なので、革の王様とも言われています。
  • 羊革・・・軽く触り心地がいいのですが、傷がつきやすいという特徴もあります。
  • 豚革・・・比較的安価で、機能性、耐久性、通気性に優れます。羊革よりは重く、牛革よりは軽いという特徴があります。
  • 馬革・・・柔軟性に優れますが、コードバンをのぞき耐久性には優れません。一方、馬革の中でもよく使われるコードバンとは、馬のお尻から取れる革で、きめ細やかで硬く、革のダイヤモンドと言われています。わずかしか取れないため、高級革です。
  • ナイロン・・・水や汚れに強く、激しい運動をしても型崩れしません。

このように多くの素材を展開していますが、コードバンを使用している商品を除き、3万円を超えないほどの比較的安価な商品が多いのがPORTER(ポーター)の財布の魅力です。

コードバンを使用している財布

出典:https://www.yoshidakaban.com/

PORTER(ポーター)の人気財布シリーズ5選

PORTER(ポーター)の財布はとにかくシリーズが多いのですが、その中でも特に人気のシリーズを5つピックアップしました。

種類価格帯
カレント2〜3万円
ワンダー1〜2万円
カウンター2〜3万円
カジノ2〜3万円
シーン1〜2.5万円

一つ一つ見ていきましょう。

カレント

カレント

出典:https://www.yoshidakaban.com/

カレントは、PORTER(ポーター)で人気ナンバーワンのシリーズです。

牛革に、エンボス加工とコンビネーション鞣しが施されているため、傷に強く、耐久性に優れます。

裏面から型を押しつけ、表面に型を浮き上がらせるエンボス加工はお手入れが簡単なので、使いやすくもあります。

オリジナルプレートがワンポイントになっているデザインは、PORTER(ポーター)らしい上品な見た目として人気です。

ワンダー(長財布)

ワンダー(長財布)

出典:https://www.yoshidakaban.com/

ワンダーは迷彩柄の長財布です。

表面にプリント加工しているのではなく、豚革に特殊なエンボス加工を施して迷彩柄を作り出しています。そのため、模様が剥がれる心配はありません

また、裏側の豚革にはエンボス加工が施されていないため、表側とは異なる触感を味わえます。

迷彩柄でも、レザーの高級感が子供っぽく見せないので、10代、20代の大人の財布に目覚めた学生を中心に人気です。

カウンター

カウンター

出典:https://www.yoshidakaban.com/

カウンタードレスシューズをイメージして作られた財布です。

ドレスシューズなどで用いられる細やかなダブルステッチ(二本平行して縫われたステッチ)が施されており、革は光沢のあるクローム鞣し革をベースに内装は馬革が使われています。

ここで使われている革は、ガラス革と呼ばれるほど表面に艶がある革で、素材もデザインも革靴のように作られています。

カウンターの上品でエレガントなデザインは、40代50代の男性に人気です。

カジノ

カジノ

出典:https://www.yoshidakaban.com/

カジノは、ブライドルレザーが使われた堅牢なシリーズです。

ブライドルレザーとは、元々激しい乗馬に耐えるために作られた丈夫な牛革です。革に何度もロウを塗りこむことで繊維を引き締めており、革に水分が浸透しにくいという性質があります。

カジノでは、硬いブライドルレザーをそのままの厚さで使っているので、圧倒的な存在感があります

男らしいデザインと、耐久性の強さが人気を誇る商品です。

シーン

シーン

出典:https://www.yoshidakaban.com/

シーンは、年代問わず使えるシンプルなデザインが特徴です。

ブラックとブラウンの2色展開となっています。

使われている革は丈夫なコンビネーション鞣しの牛ステアレザーです。

ステアレザーとは、生後2年を経過した馬の革の中でも、生後3ヶ月から6ヶ月の間に去勢された雄牛の革で、厚みがあり、扱いやすいので、レザー初心者にはおすすめです。

アクセントのPORTER(ポーター)ロゴプレートも可愛く、エイジング(経年変化)も楽しめるシリーズになっています。

PORTER(ポーター)の財布の口コミや評判まとめ

できるだけ生の声を届けるべく、TwitterやInstagramで口コミや評判を集めてみました

まとめるとこんな感じでしょうか。

  • カジュアルでもフォーマルでも◎
  • 使いやすい
  • 美しいエイジング(経年変化)が楽しめる
  • かっこいいという印象

カジュアルでもフォーマルでも◎

PORTER(ポーター)のシンプルなデザインは、カジュアルな場でも、フォーマルな場でも活躍しているようです。

この投稿をInstagramで見る

【NEW ARRIVAL】 PORTER FREESTYLE 3つ折り財布 PORTERのフリースタイル3つ折り財布が入荷しました! PORTER独自の合皮の質感がカジュアルでもフォーマルでも使いやすい財布です! 皆さまのご来店スタッフ一同お待ちしております! お問い合わせ ⇢ ☏ 048-973-5488 ・ㅤㅤ 〠 埼玉県越谷市東大沢3-1-16 ◷ 10:00 〜 24:00 ・ㅤㅤㅤ ・ㅤㅤㅤ #used #fashion #vintage #vintagefashion #古着 #古着好き #古着mix #古着男子 #古着女子 #porter #お洒落さんとつながりたい #古着好きさんとつながりたい #recycleshopxyz #吉田カバン #porterfreestyle #埼玉 #越谷 #北越谷 #大宮 #下北沢 #高円寺 #porter財布 #ポーター財布 #草加 #文教大学 #獨協大学 #3つ折り財布 #おきがくらぶ #越谷古着屋 #春日部

Recycle Shop XYZ(@recycleshopxyz)がシェアした投稿 –

使いやすい

使いやすさにも定評がありました!

美しいエイジング(経年変化)が楽しめる

使うごとに愛着を得ることができるエイジング(経年変化)も楽しめるようです。

かっこいいという印象

見た目に関しても「かっこいい」という印象が強かったです。

田村淳さんも使用
ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんもPORTER(ポーター)の財布を使われているようです。


PORTER(ポーター)の財布の手入れ方法

せっかく奮発して買った財布が知らない間にボロボロに、、、なんてことがないように、日ごろから手入れを怠らないようにしましょう

一般的な革財布の手入れ方法は、

  1. 馬毛ブラシでホコリやチリなどのゴミを払い落とす(ゴミは水分や油分を吸収することで、革の乾燥を早めてしまうから)
  2. ブラシや指、布などでクリームを塗る(革に潤いを与え、革の発色を良くし、丈夫にさせる)
  3. 布で磨く(磨くことでツヤを出す)

また、PORTER(ポーター)の財布は様々な種類の革が使用されているので、PORTER(ポーター)の公式サイトで確認することもおすすめします。

総評:シンプルなデザインが洗練されたブランド

今回は、日本の革製品メーカーPORTER(ポーター)の財布デザインや革の種類、人気のシリーズ、口コミをまとめました

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

  • 日本の歴史あるブランド
  • カジュアルなものから高級感溢れるものまで
  • 素材の種類が豊富
  • カジュアルでもフォーマルでも◎
  • 使いやすい
  • 美しいエイジング(経年変化)が楽しめる
  • かっこいいという印象
  • プレゼントとしても人気
  • 手入れは簡単

比較的リーゾナブルな価格で、豊富なデザインを取り揃えているPORTER(ポーター)の財布

たくさんのシリーズの中から、あなたにぴったりな財布を見つけてみてはいかがでしょうか。